アーチェリー部の紹介

 拓殖大学のアーチェリー部は、全日本学生アーチェリー連盟が結成された昭和37(AC1962)年、学部63(1965)卒業の橋柾夫を初代主将に「互いの人格を尊重し紳士淑女のスポーツとして、明るく爽やかな部活動を通して実り豊かな学生生活を送る」をモットーに、同好会として発足しました。練習場はなかなか確保できず、校庭の片隅を転々としながら練習していました。

これより先、昭和34(1959)に学習院大学、玉川大学、東京教育大学(現筑波大学)、日本体育大学が中心となって全日本学生アーチェリー連盟を結成、36(1961)年に関西学生アーチェリー連盟が結成されると、関東学生アーチェリー連盟と改められた。

37(1962)年に両者の上部機関として全日本学生アーチェリー連盟が結成された。

本学アーチェリー部は、昭和39(1964)年に、関東学生アーチェリー連盟に加盟、この年からリーグ戦に参戦しました。以来、男子部は幾多の浮沈を経て昭和58(1983)年、13年ぶりに一部リーグに昇格し、現在に至っています。

昭和60(1985)年、関東代表決定戦で日本体育大学に初挑戦、惨敗、翌年も挑戦、惜敗。平成5(1993)年、漸くにして日本体育大学を破り、全日本学生アーチェリー王座決定戦に進出、近畿大学と対戦して準優勝を遂げました。その後、11年にも準優勝を果たしています。

女子部は、平成5(1993)年に関東学生アーチェリー連盟の四部リーグに初参戦、以来毎年順位を上げて、平成7(1995)年に待望の一部昇格を果たしました。以後、関東リーグ戦では毎年のように優勝まであと一歩の活躍をしています。

拓殖大学のアーチェリー部は、男女とも関東学生アーチェリー連盟加盟校の上位を保持し、ほぼ毎年のように王座決定戦に参戦、善戦する活躍をしています。女子チームは、王座決定戦競技規則改定の年から5年連続出場、男子も今年まで3年連続出場、上位に食い込む活躍をしています。

個人でも、昭和60年第3回全国学生選抜フィールドアーチェリー選手権大会で高塚浩司(東京 NIT駒場高出)が優勝。全日本学生個人選手権大会(インカレ)では、平成4(1992)年、吉田しのぶ(埼玉 所沢中央高出)3位、同6、小田淳(千葉 拓大紅陵高出)準優勝、翌7年、河添陵子(福岡 小倉西高出)優勝、8年、松本満(東京 NIT駒場高出)が準優勝、11年には加藤佳規(愛知 愛知産業大三河高出)が4位入賞など拓殖大学は学生アーチェリー界で確固たる地位を築いてきました。

国際大会では吉田しのぶが1993年の全米学生選手権大会に出場、翌年の同大会に橋本祐司(神奈川 三浦学苑高出)が出場、7位に入賞するなど大いに活躍しています。

私たちは、大学日本一、世界の桧舞台を目指して頑張っております。


btn051_home.gif

Copyright(C)2012 Takushoku University Archery Club. All Rights Reserved.